一切皆苦

 たまには仏教のことも書かないといけませんね。「一切皆苦」(いっさいかいく)とは文字通り「一切はみな苦」ということ。大乗とか小乗とか言われる前の、原始仏教からの教えです。 苦しい時に「つらいな」と感じるのを「苦苦」(くく… 続きを読む »

京のぶぶ漬け

 私の祖母は京女(きょうおんな)でした。95歳で亡くなって、そろそろ25回忌を勤めなければなりません。  聞くところによると実家は西陣織の織元だったといいます。女学校(京女)のとき、袴をはいて庭球(テニス)をしたといいま… 続きを読む »

栗まんじゅう問題

 ご門徒さんのご法事で、よくお菓子をいただいて帰るのですが、それがなぜか「栗まんじゅう」の比率が圧倒的に多いのです。積み上げるほどの量になると、きっと「○○堂」の陰謀に違いないと思ってしまいます。 さて、「栗まんじゅう」… 続きを読む »

迷惑セールス

 我が家の固定電話は寺の法人名義のものを使わせてもらっています。相応の使用料は寺に支払っていますのでご心配なく。寺に勤務の上、私人としても居住させてもらっていて、そんなこんなで、必然というか何というか、 一日に何本も訳の… 続きを読む »

周利槃特(しゅりはんどく)

 お釈迦様にはたくさんのお弟子さんがあったが、「周利槃特(チューダ・パンタカ、しゅり・はんどく)」のお話は印象に残る。 彼はお釈迦様の教えの言葉を少しも記憶できなかった。彼は自分の才能の無さに絶望し、教団を去ろうとする。… 続きを読む »

微力は無力ではない

 街頭募金に立った経験が何度かあります。子どものころカブスカウトに入っていて「歳末助け合い」のときとか、あるいは長じては、阪神淡路大震災のときなど。  阪神淡路大震災の募金の時は仲間と法衣をつけてJR小倉駅の前に立ちまし… 続きを読む »

スピリチュアルな健康

 ある先生の講演でお聞きしたのですが、WHO(世界保健機関)の健康の定義は「完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない」ということだそうです。要は「肉体的健康」「精神的健康」… 続きを読む »

くれないは虫の色

 先日ご法事にうかがったご門徒からいろいろと教えてもらいました。インドや中国の話をしていて、チベット僧の袈裟の話に。 「チベット僧の袈裟はカイガラムシで染めるそうですね」 「えっ!本当ですか?」 あの赤(エンジ)が…全く… 続きを読む »

魂を抜いて下さい!?

 お内仏やお墓の修復などで「魂を抜いて下さい」とよく言われます。それから「お祓いして下さい」も(苦笑)。 抜いたり入れたりなんて、私にはできませんよ。修復するときには、永くお参りさせていただいた感謝の心をご縁としてお勤め… 続きを読む »

もなか49個

 この地方の風習なのか、49日法要を勤めた後に白餅を頂戴することがあります。真宗では法要の時にお餅をお供えするのが作法ですから、それはそれでいいのです。しかし何か勘違いをされている感じも受けます。 想像するにどうも「49… 続きを読む »