微力は無力ではない

投稿者: | 2019年10月2日

 街頭募金に立った経験が何度かあります。子どものころカブスカウトに入っていて「歳末助け合い」のときとか、あるいは長じては、阪神淡路大震災のときなど。
 阪神淡路大震災の募金の時は仲間と法衣をつけてJR小倉駅の前に立ちました。「東本願寺真宗大谷派です。皆様のご協力を!」と声をかけ続けました。
 経験して初めてわかるのですが、ネクタイをしたサラリーマン風の人はお金を入れることはほとんどありません。入れてくださるのはほとんど女性・老人・子どもです。つまり経済社会というヒエラルキーにおいては裾野にあたる方たち。なぜだかは私にはわかりません。「仕事が忙しい」だけでは説明がつかないでしょうね。
 びっくりして感動したのは、被災者が募金してくださったことです。ご夫婦と子どもさん二人、たくさんの荷物を持って小倉駅の前を通りかかりました。「被災して、今実家をたよって帰郷してきたところです。お役立てください」と。涙が出てきてしまいました。
 無理なことはできなくても、無理でないことはできる。微力は無力ではないと思ったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です