ロサンゼルス西別院婦人会100周年

By   2017年11月8日

ロサンゼルス西別院の寺報(2017年9-10月号)に、私が提供した資料により、祖父と親交のあった沼田恵範の記事が載りましたが、最新号(2017年11-12月号)にも提供資料が掲載されました。
ロサンゼルス西別院寺報445号(2017年11・12月号)

photo: Los Angeles, 1917-1918 (?)
Front left: Director Koyu Uchida, Rev. Tojiro Hirata
(visiting Kanji from Jpn), Satoshi Uchida (boy),
Mrs. Seto Uchida . Back: Rev. Tetsugai Jisoji, (?),
Rev. Chosui Ike [Photo shared by Rev Yutaka Jisoji
of Shinnenji, Fukuoka, Japan

今回はかの地の婦人会のこと。
来年2018年が羅府本願寺仏教婦人会設立100周年(紆余曲折あっての再編スタート100周年)ということで、当時の主任開教使が祖父だったというご縁です。
初代婦人会長は「開教使の妻」で、祖父の上司であった北米開教区監督「内田光融」の妻、「内田せと」だったのでは、という記事。
1963年の『仏教タイムス』に祖父が寄せた文章の中に「内田せと」の手紙が紹介されております。
2名による英訳のひとりとして私の名があがっているのですが、ほとんど「Google Translate」に依っております(笑)。
しかし、異郷の地で過ごした大変な日々が十分に伝わるのではないでしょうか。どうぞご一読を。「DID YOU KNOW?」のところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*