四日市別院「瓦葺き上げ始め式」

By   2014年12月10日

大分県宇佐市の真宗大谷派四日市別院は「本堂保存修理工事」の最中。
さる2014年11月26日、「瓦葺き上げ始め式」が執り行われました。

先人たちが身を削って法燈を受け継いできたことは想像に難くありません。
私たちもまた、後の世代に教えを受け渡していかねばと思います。
寺の伽藍は、そのためのハードウエア。
教えというソフトウエアを受け渡していく、生きた寺にしていかなければなりませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*